Loading

水遣りの説明

屋外の場合は(鉢植えは別)特殊な物や粘土質の土の場合を除いて根腐れはほとんどありません、ほとんどの枯れの原因は水切れです。まず樹の大きさが2m以上の木を植えた場合は、必ずリール付きのホースを買いましょう。真夏にはバケツでは水やりは追いつきません。一般住宅であれば20mほどの長さが、あればほぼ、水を撒くことができると思います。新築をお考えの場合は必ず、花壇の近くに散水栓を確保するようにしましょう。ホースも20mを越えると重くホースを巻く手間も増えてくるので、大きなお庭をお考えであれば、要所要所に散水栓を確保しましょう、散水栓は口が1口より2口の栓の物を推奨します。
一つの蛇口はホースリール用一つは直にバケツや洗い物ができるように、毎日のことなので、これが以外と後でこんなに便利なのかと理解できるかと思います。
水をあげる場合はしっかりと、この動画のように地面に水が浮く位しっかりと行います。

真夏は、いったんカラカラに乾くと、小麦粉に水をかけた時の様に水が弾いて中にまで水が入りません。

葉の先端が萎れたり、枝や葉の先端が枯れてきたりすると水やり不足だったり、しっかり樹とお話し(樹の状態を観察)をしなが水やりを行います。新しく植えた木に関しては、普通より多くの水を必要とします。しっかりと根を生やし、本来の成長の状態を確保するまでに3年はかかります。それまではちょっと気にかけて、特に重点的に水をあげてください。

店舗や共働きでお忙しい場合は自動潅水装置(スプリンクラー)もあります。種類もいろいろあり、安価なホームセンターで販売している簡易的な商品からタイマーで作動するプロ向けの物まで色々な自動散水は可能です。相談ください。

広範囲への散水の場合(自宅の水量を安定させるため自動で順々に数個のスプリンクラーを制御する物)、時間の生魚は勿論、雨が降った場合は散水しないような設定がある物もあります。散水が行われていない場合に自動で知らせしてくれる機能もあります。

散水量や散水の条件はお庭の施工設計業者が判断する方がお勧めです。

その木によって水分の必要な量が分かるのは造園業者さんであることから、自社で設置させてもらう方がベストだと思っています。

とくに気をつけるのは植えつけ初年度の8月中旬の前後2週間です。

この時期に一気にダメージを受けて弱ってくる植物も出てきます。この期間は盆休みで遠出する事も多く注意です。

もし必要であれば、こういくやで水遣りにお伺いする事も出来ますし御親族に頼む、シルバーセンターなども一部サービスを行っているようです。